2014年08月27日

合気道の演武で綺麗な受けを取ることができる技は?

silhouette-3720048.png


■綺麗な受けを取り華麗に決めたい




アナタは、合気道の演武を直接
目で観たことはありますか?

普段は演武大会などでないと
中々見る事が出来ない演武。


その演武を、合気道をする人間でしたら
観る側ではなく演じる側になれば
自身の技を華麗に披露できますね。

ですが、それ相当の練習が必要です。


例えばアナタが、近々演武を
披露しなければならないとします。

どうせなら、綺麗な技をみせたい。


そこで、演武において綺麗な受けを取る
ことができる技は何か気になりませんか?

どの技が一番良いかは人それぞれですが。


ここでは

「小手返し」

を紹介しようと思います。


小手返しは、演武などで
良く見られる飛び受身です。

実際、演武会でも活躍できる技です。


ただ、この技は正しい方法で
行わないと危険が伴います。


下手をしたら、手首を捻りすぎて
痛めてしまう恐れがありますから。


アナタも受け身側であっても
ぞんなの絶対に嫌ですよね?

実は、小手返しを飛び受身で
上手に受けきる
方法があるのです。



これで、演武会で活躍することも可能です。

一歩間違えれば危険と隣り合わせの小手返し。


しかし逆に正しい方法を知っていれば
安全かつ見た目も綺麗な受けを取る事ができます。



そう、アナタは綺麗な飛び受身のポイントを
知ることができるのです。

東京武道館で開催されるような迫力ある
演武をアナタが披露する番なのです。





⇒合気道の華麗な技を習得する
(当ブログの過去記事へ)




posted by aikido at 15:09 | 埼玉 ☔ | 合気道の演武の練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする